インクジェットプリントでオリジナルのぼり旗作成

お店の価値を上げることができる

のぼり旗の良さってクレープ専門店もカスタードクリームやチョコレートだけでなく、どんどんアレンジも増えてまるでお惣菜のようなアレンジ商品も増えてきました。

子供向けのおやつ的なものだけでなく、昼食にも食べられるようなおなかがいっぱいになる商品もあります。
また野菜や肉などをふんだんに使った栄養価の高いものも見られます。

そのほか高級なマスカットやローストビーフなどを使用した贅沢で高めの商品も人気です。

お店ののぼり旗に金色や銀色を使うと、一気に高級感が増します。
つまりお店の価値を上げることができるでしょう。

金銀をのぼりに使う

せっかく高級な食材も使ってそれなりの価格帯で販売しているのですから、おやつではなくもっと贅沢な食べ物としてアピールしても良いはずです。

そのために高級感のあるデザインである金色や銀色ののぼり旗を使うのがおすすめです。
金銀は、結婚式やパーティーなどおめでたい場にもよく使われます。
そんなリッチなカラーののぼり旗を見て、あのお店はクオリティーが高そうだと感じる人は多いはずです。

今までのおやつ的な存在のイメージをくつがえすチャンスでもあります。
金銀のダイナミックかつ華やかなイラストや文字をのぼり旗に使ってみてはどうでしょうか。

シニアや富裕層もターゲットに

クレープと言うとどちらかというと子供や若年層向けの食べ物になりがちです。
けれどももっと幅広い年齢層に向けてアピールしたいときに、金色や銀色の高級感のあるデザインののぼり旗は効果があるでしょう。

金色や銀色は華やかで輝かしくて、贅沢なイメージがあります。
そんな輝かしいデザインののぼり旗を見て、シニア層や富裕層の人たちも興味を抱く可能性が高まります。

あのキラキラしたのぼり旗は何だろうかと思って、どんどん集まってくるはずです。

気になるのぼりを見つける

また地味な色よりも金色や銀色のほうが、目にも見えやすいです。
高齢になって視力が衰えてきた人たちにも、よく見えるというメリットもあります。
遠くからでも目に付くので、思わず近寄ってくるシニアもいると言えます。

普段あまり食べない商品をシニア層や富裕層に知ってもらうために、まさに効果的なアピール法です。
この方たちは裕福でありグルメな人も多いので、たくさんお金を使って購入してくれるかもしれません。

金色や銀色ののぼり旗を使うことで、今までとは違った客層を呼び込みファンを増やすことができるでしょう。
お孫さんを連れてきてくれることで、ますますお店は繁盛するに違いありません。