インクジェットプリントでオリジナルのぼり旗作成

のぼり旗:本染め

のぼり旗の良さって
見た目も美しい本染めののぼり旗を製作することには、
実はデメリットがあります。

耐久性も高く品質も良いものですが、実は宣伝ツールとして
活用するにはそれが不利となるものです。

 

のぼり旗は道行く人の注目を集めることで、宣伝効果を持つとともに
集客へと導くことになります。

けれどもいつまでも同じデザインののぼり旗を立てていると、
やがてその注目度も下がりますし集客力も低下します。

そこで定期的にデザインを変えて作り替えることが必要となるわけです。

けれども本染めとなれば、かなりの費用が必要になります。
まめに交換していては、コストがかなり高くなってしまうわけです。

宣伝ツールはいかに費用対効果を高めるかが重要です。
そのように無駄に高い品質は不要というわけです。

冷やし中華始めました

さらに、製作に時間がかかることもデメリットとなります。
例えば台風などの強い風雨でのぼり旗が傷んでしまった場合、早急に新しいものを作ることが必要となります。

インクジェットや昇華転写によるプリント方式であれば、早ければ即日納品が可能となります。
必要な時にすぐに手配できることも、のぼり旗には必要です。

イカ焼き食べたい

また飲食店などは季節ごとにお勧め料理が変わるので、そのデザインを
簡単には変えられないこともデメリットと言えます。

宣伝目的ではない用途であれば、このようなデメリットは生じないことになります。

例えば装飾の一部として活用するならば芸術性の高い本染めが向いていると言えます。